生産者紹介

有機鶏卵

天池さんのたまご

天池さんのたまご

有畜複合型農業の中から生まれる卵
天池さんと契約卵

天池さんと契約卵

現在国内で流通している卵の多くは国産ですが、その飼料のほとんどが外国産です。

海外からコーンなどの飼料穀物を輸入し、早く生育させて効率よくたくさんの卵を産ませます。

本来、卵は貴重品で、病気になった時の滋養食として少量ずつを頂いていました。

常総生協としても、卵の食べ方について組合員との議論がありました(「卵は食べすぎなのではないだろうか?」「卵アレルギーはなぜこんなに多いのか?」など)。

卵を含む動物性たんぱくの摂り方は「良質・適量」。また、できるだけ地域で自給された飼料を与えた、有機農業の循環の中で生まれる卵を食べようというのが基本指針です。

常総生協が目指す卵の基本
杉山さんご家族

杉山さんご家族

  1. 「有畜複合経営」という有機農家の基本経営形態を支える卵。
  2. 緑餌をきちんと(大量)に与え、穀物飼料は原則地域自給に向かいたい。
  3. 農家の規模の範囲で生産される卵を大切に頂く。無理な出荷をしない卵。
  4. だから基本的には限定で「生産者との契約」に。
  5. 特に病気の方、アレルギーの方を優先したい(タンパク質の組成・ミネラルが完全に違ってくると思うので、その違いを肌で感じてもらえる卵を!)。
清水さんの鶏

清水さんの鶏

コンテンツ終わり

このページのトップへ