常総生協の思い

食は命 食生活指針

1. 食事のあり方

食は命 食生活指針

  1. 食事は生命力(いのち)ある旬のものをおいしくしっかりととりましょう。
  2. 背筋を伸ばし、よく噛んでゆっくり味わって食べましょう。
  3. できるだけ手作りを心がけ、栄養面で偏らない食事にしましょう。
  4. 食べる楽しみだけでなく、作る楽しみに家族で参加しましょう。
2. 食生活の基本的な考え方

食生活の欧米化に伴う動物性たんぱく質、資質の摂り過ぎに注意し、日本型食生活をとり戻し、生活習慣病を予防しましょう。

  1. 主食は白米だけでなく、雑穀を混ぜ副食より多め(6割程度)にとりましょう。
  2. 魚は青魚を積極的にとりましょう。
  3. 肉、卵、牛乳は質のよいものを適量とりましょう。
  4. 植物性たんぱく質の大豆、大豆加工品を毎日食べましょう。
  5. 野菜は緑黄色野菜を組み合わせ、毎食、食卓にのせましょう。
  6. 食物繊維豊富な乾物、豆類を上手に摂り入れましょう。
  7. 海の野菜(海藻)も毎日食べましょう。
  8. 味噌、納豆、漬物などの発酵食品を常食しましょう。
  9. 油の吸収が多い揚げ物は、衣をつけ過ぎないように注意し、週1〜2回にしましょう。
  10. 外食の際は単品ではなく、定食物(幕の内)にしましょう。
3. 調理技術
  1. 台所に秤を。材料や調味料の目安を知り、無駄のない使い方を工夫しましょう。
  2. だしも栄養。昆布、かつお、煮干等でしっかりとり、うす味を心がけましょう。

コンテンツ終わり

このページのトップへ